2008.12.04    「輝く朝陽を浴びて」   荒井 久
 
 
昨日のお昼。

2000年頃のネットベンチャーの社長にあった。

なんと、農業に強い関心をもっているのだとか。
僕が、「年収2000万円超の農村づくり」の本の話をしたからでもある。
同書は、今月中にソリックから発売予定だ。

聞けば、その後、少しの期間、鬱になっていたとか。
そこで研究してみると。
人体に存在するセロトニンが不足したためだそうで。
そのセロトニンは夜、パソコンに夢中になると減少するのだそうだ。
セロトニン不足が鬱を引き起こしたという。

どうやら、この頃の突発的な殺傷事件はセロトニン不足が影響しているらしい。

そこで。
セロトニン不足になるようなことをしないことがいいのだが。
セロトニンを増やすことができればいい。

それが、朝陽を浴びることなのだそうだ。
だから、太陽とともに野外で働く農業がいいという理屈だ。

そうか。
ひょっとして農業従事者に鬱はいないのかも。

今朝、僕は。
ヒンズースクワット(無酸素運動の筋トレ)をした後。
約30分朝陽を浴びながら、歩いてオフィスへ。

しかも、ハワイコナ・コーヒーをたてて。
スターバックスの入れ物に詰め込んで。

今日の僕は完璧でしょう。
あはは。

(Wiki Pediaより)
セロトニン (serotonin, 5-hydroxytryptamine, 5-HT) はモノアミン神経伝達物質で視床下部や大脳基底核、延髄の縫線核などに高濃度に分布しているトリプタミン誘導体の一種である。メラトニンはセロトニンから合成される。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved