2009.01.24    「文太さんに再度会ったぞ」   荒井 久
 
 
藤原忠彦著「平均年収2500万円の農村」の刊行を祝って1月23日、
出版記念パーティが東京・永田町であった。

本の帯に登場する元総理の海部俊樹さん、
俳優の菅原文太さん、
アサヒビール名誉顧問の中條高徳さん、
日本農村情報システム協会副会長の坂尾彰さんはもちろん、
同書のまえがきに登場する旧運輸省事務次官の松尾道彦さん、
旧通産省事務次官の棚橋祐治さん、
浜松大学教授の田中誠一さんらが最大限の賛美を贈った。

「もはや川上村には耕す土地がない。米カリフォルニア州に遊休地があるので川上ブランドの高原野菜を栽培するお手伝いをしたい」。
そんな話を藤原さんから聞きだしたと松尾さんが披露、
やんやの喝采を浴びた。

墨作家の岡林里依さんが和紙に、
「藤原忠彦 日本人の底力」を大書した墨書を藤原さんに贈呈、舞台に掲げられた。
にっぽん放送「菅原文太 日本人の底力」に藤原さんを2度もゲスト出演させた文太さんも目を細めていた。

この文章は、アマゾンの藤原忠彦著書本のサイトの口コミに入れた。
手抜きでここにも日記にしたというわけ。

皆さんのコメントをアマゾンに入れていただければ嬉しい。
ついでに、すでに読まれた方はカスタマーレビューに是非、ご執筆、清き一票を。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved