2005.08.08    「運命の8月8日」   荒井 久
 
 
「運命の8月8日」になった。郵政民営化法案の参議院本会議のでの採決。午後1時45分、投票結果は賛成が108票、反対が125票。17票差という、思いのほかの大差で否決された。小泉首相の言動からして、この否決で、結果として参議院議員が衆議院議員の首を取ることになる。

ほとんどのマスコミがこぞって郵政民営化には賛成している。にもかかわらずということは、自民党の反対派は国民を敵に回すことになる。総論賛成、各論反対の最たる事例だ。

これが今の日本、今の自民党の実力ということを認識しなければならない。人も企業も社会も思うようにならないことは多々ある。これも、ある意味、自然の流れなのだろう。

だからこそ、人はまた知恵を搾り出す。

8月8日は有紀の誕生日。運命の日になった。もうすぐ、僕の誕生日である、もう一つの運命の日、9月11日もやってくる。そして、その前の日の9月10日、多くの方々に感謝して、ソリックは満3歳の誕生日を迎える。


 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved