2005.08.11    「HPがないという危機感」   荒井 久
 
 
昨夜、某華道の女性家元にお会いした。六本木の教室にお訪ねして、その後は、近くのイタリアンバーでお食事を共にした。相変わらずお元気だった。やはり、「美」を探求している方は年をとらないのかも知れない。

実は、僕は現家元が副家元時代に師事を仰いでいる。母親である家元から日本古来の技を学びつつ、欧州で学ばれたことが、新しい「活け花」を創作していた。副家元の「華」にはすさまじい迫力と微笑みが同居していた。

いま、その家元の悩みは一つ。「どうしたらホームページ(HP)を作れるの」という質問だった。そうか、まだHPがなかったんだ。僕は思わず「HPのない組織というのは、今や住所不定みたいなものですよ」とけしかけてしまった。少し言いすぎだったかも知れない。

しかし、考えてみれば、華道、茶道、などなど全国には極めて多数の家元が存在する。まだまだ、HPがない組織も多いことだろう。お会いした家元もHPがないことへの危機感を話した。はやり、ITもここまで来たか。こんなところにも「WEB戦略」が必要だ。



 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved