2005.08.30    「国際ローミング・サービス」   荒井 久
 
 
久しぶりの海外旅行。親の病状が気になって、ここ3年くらい、長い旅行、特に海外旅行を避けてきたからだ。

いざ今日出かけるとなると、なんとなく足が重い。一人旅になったことも影響しているのかも。もうしかし、変更手続きも済んでいるし、もはや行くしかない。準備もそこそこに成田発15時55分発のノースウエスト11便、デトロイト行直行便に乗り込み、機上の人となった。

約11時間の飛行だったろうか。日付変更線を通過したため、デトロイトには同じ日の30日の14時15分着。ほぼオンタイムで到着した。

すぐにNTTドコモの国際ローミング・サービスをオンに。僕が海外にいるかどうかわからずに国内から同じ番号のケータイもかけられるしメールも打てる。PCのアドレスに入るメールもすべてこのFOMAに転送しえいるためノートパソコンも不要だ。ただ、全部を自動的に受信するとかなりの費用がかかるため、選択受信とした。受信メールを一覧した後、必要なものだけを受信できるわけだ。どこにいても仕事ができる環境になった。

出口には10人ほどが、到着する人々を待っていた。その中に30年来の友人、ポーザを発見。というか、ポーザがいち早く僕を発見、「Q−chan」と満面笑みを浮かべて駆け寄ってきた。一瞬にして旅の疲れが吹っ飛んだ。

3年ぶりの海外旅行が、また癖になるかも。

 
        
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved