2005.09.08    「角福戦争の終焉」   荒井 久
 
 
久しぶりに、ソリック設立以来お世話になっているクライアントさんお二人と会食した。昔からお馴染みのお二人で楽しかった。

この時期、お話の内容はもっぱら衆議院議員選挙。自民党の変貌が中心的な話題だった。結局はいまだに昔の角福戦争(田中角栄vs福田赳夫)を引きずっていること、しかし、大組織だった角栄系が追われ、それが終焉を迎えていること、まだまだ日本には多くの企業で角栄体質が残っていること。。。

自民党は「金権政治の終焉」と言えばもっとわかりやすいのに、と彼。お話は大変面白かった。

ひとつ大事なことも教わった。今年度中に、不動産処分の差損について、企業だけではなく個人でも所得税を減らせること。土地バブルのツケを少しは保障しようというものだ。不動産流通の促進にもつながる。日経ビジネス最新号は「マンションバブル」を特集しているが、そのことには触れていないようだ。

どうやら、その時限立法について自民党は今年度で終了しようとしているのに対して、民主党はそれをさらに延期しようといているらしい。

選挙への興味が広がり、いまあちこちで茶飲み話に酒の肴になっているうえ、細かなところまで興味が広がっている。その意味でも小泉劇場の意義は大きい。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved