2005.09.15    「母体、胎児、出産、育児」   荒井 久
 
 
今頃になって、粉ミルクの成分に感激している。なるほど、そうであったのか。と今から反省してもすでに仕方ないことなのだが。生まれる前から胎児のために母親が飲む粉ミルクもある。

貧乏育ちの僕は、自分の子供ができたときに、とにかく胎児のために栄養をつけさせようと、妻にたくさん食べさせてしまった。結局、妊婦はかなりの体重オーバーに。それが難産になった主因だった。今から考えると申し訳ないと思う。

もう少し勉強しなければいけなかったが、当時の社会や病院の対応も今よりかなり遅れていたように思う。

母体、胎児、出産、育児。今や母親ばかりではなく父親、社会もしっかりと考える問題だ。実は僕らもなんと、こういう仕事もしている。


 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved