2005.09.28    「リイマジン!」   荒井 久
 
 
友人の翻訳家、宮本さんが今朝、「!3冊できました」と最新の翻訳書3冊を抱えてやってきた。

いずれも、この9月から10月にかけてランダムハウス講談社から発行される3冊。一つ目はクリステンセン著「明日は誰のものか イノベーションの最終解」で、なんと600頁にも及ぶ大作。

他の二つは、「トム・ピーターズのマニフェスト」シリーズ4巻のうちの1巻と2巻。引き続き3巻、4巻も発行の予定という。

中でも宮本さんご自身が興奮しているのが後者の2冊。「リイマジン!――破壊時代の経営の真髄」の4分冊シリーズだが、本としての見せ方も極めてスタイリッシュで、経営もこのようにスタイリッシュでイメージが大事だということだろう。

第1巻の「リーダーシップ魂」、2巻の「デザイン魂」が世に出たわけだが、およそ経営書にふさわしくないと見られがちな本作りだが、見て楽しいし、含蓄があるし、示唆に富む。

少し前に、「ビジネス・プロセス・リエンジニアリング」という考え方、手法が流行った。今回はさしずめ、「リイマジン!・ザ・ビジネス」というところか。ビジネスへの取り組みにワクワク感が漂う。

ちなみに、「!」をワードの前に持ってくるという使い方も面白い。この文頭で「!3冊できました」と真似してみた。

僕らも柔らか頭でワクワク感でビジネスを広げたい。そうだ。近いうちに仲間を誘って、宮本さんの完成、発行祝いをやろう。


 
        
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved