2007.02.07    「いざ、という時に信頼足りうるか」   荒井 久
 
 
国内の携帯・PHSの契約がついに1億件を突破した。
7日の電気通信事業協会の発表だ。
なんとも感慨深い数字だ。

固定電話は長年に渡って普及したものの6000万台で飽和した。
ケータイもそろそろ飽和の時期だが、これからは買い替え需要が大きいという。

ケータイの話題のもうひとつはナンバーポータビリティ。
大騒ぎした割には大きな変化にはならなかった。
1月の増減ではNTTドコモが−9万8500、KDDIが+10万8400、ソフトバンクが−1万だ。

確か野村総研だったか。
ドコモから500万は流出するという予測が出ていたはず。
あれはいったい、どういう根拠だったのだろうか。

ナンバーポータビリティに掛けた3社の広告費はかなり嵩んだはず。
メディアには嬉しいボーナスだった。
それにしても、取り扱いの広告代理店はすべて電通だったそうだ。

いざ、という時に信頼足りうるか。
そういう仕事人にならねばならないということだろう。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved