2007.11.27    「午後10時、飲みに出てこないか」   荒井 久
 
 
昨夜10時過ぎ。
さて、TSUTAYAから借りてきたDVD「PRISON BREAK」11巻目を見ようかとした時。
ケータイが鳴った。

あらま。お久しぶり。
「長谷川章」と表示されていた。

「キュウさん、お元気?」
「今、麻布十番で飲んでるんだけど、出て来ない?」

なんともはや。
昔だったら、こういうことはよくあったのだが。
今わね。

だが、長谷川さんなら仕方ないし、僕も久しぶりにお会いしたい。
こういう元気さも、たまにはいい。
若くなった気分にもなれる。

長谷川さんは、DK(ディジタル掛軸)で世界的に有名になった。
最近、米国で、2007年のアーティストにも選ばれている。

1年前に差し上げた僕の著書「Web2.0の鼓動」。
「今頃になって読んでね。感激しちゃって。それで会わせたい人がいるんだ」と。

15分後、僕達は一緒に杯を挙げた。
懐かしい話もあったのだが。

長谷川さんは、僕の本から、一般市民が創るメディアにいたく感動したのだそうだ。
長谷川さんの鼓動にも共鳴したみたいだった。

そこで紹介された方が、面白い仕事を始めていた。
ケータイを使った新たなビジネスだ。
世の中が大きく変わる予感。
残念ながら、まだ、ここでは詳しく書けないのだが。

帰宅は12時過ぎ。
長谷川さんはまだまだお元気だったが、さよならしてきた。

急いで「PRISON BREAK」11巻をDVDに差し込む。
12巻目でやっと脱獄だと思っていたのだが。
この11巻の最後が脱獄した瞬間だった。

待ちに待った脱獄。
僕もようやくぐっすり眠れた。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved