2007.02.20    「文章は時々、行き詰まる」   荒井 久
 
 
「北大で石炭の研究をしている理学博士がいますよ。CO2削減の研究も進んでいる」
北海道にはまだまだ石炭の埋蔵量がかなりあるためだという。

そんなメールをいただいた。

2月15日付けの僕の日記「2007年問題」
「いまさらメインフレームなど勉強したい若手技術者はいない」
その主旨の例えとして「いまさら石炭の勉強をする人はいないと同じ」と書いた。

それに対するメールだったが、僕には抗議にも受け取れた。
その通りだ。配慮に欠けたと思った。

早速、メールの主にはケータイからお詫びのメールを入れた。
すぐその手で、ケータイからGREEの日記を訂正した。

だが、今度は「いまさらメインフレームの勉強など」となり、これまた抗議を受けそう。
もちろん、まだまだメインフレームで頑張っている技術者がたくさんいるからだ。

こうして、文章は時々、行き詰まることがある。
それにしても、ケータイから編集できるGREEの日記はいい。
今度はケータイから直接、写真もアップしてみよう。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved