2009.03.31    「カレー談義の会」   荒井 久
 
 
僕は、田舎者(長野県佐久市出身)で。
カレーといえば、肉と根菜を日本風のカレールーで煮込んだもの。
そうとしか思っていなかった。
特別に興奮する食ではなかった。

会社に入ってしばらくして。
大手町から神田へ、それも神田小川町にいた頃だと思う。
ひょんなことから、九段下にあったアジャンタに出会う。
もう夢中になるくらいの感激だった。
他の店よりは少し高かったが、抜群の味だった。
たぶん、僕の舌が痺れたんだろうと思う。

それがしばらくして閉店することに。
その後の詳しい消息はわからなくなった。
二つに分かれて店を出したとか。

その流れを汲むのが麹町の日本テレビ横のアジャンタ(AJANTA)だろう。
http://www.ajanta.com/
オフィスが平河町に移ったころはよく行った。
確かに美味しいのだが、昔のアジャンタとは少し違う気がする。

神田にいた頃はよく、共栄堂にも行った。
http://curry.smori.com/database/kanda_kyoueidou.php
そのほか、神田ではカレー屋さんには困らなかった。

先輩に凄くカレー好きがいて、銀座にも足を伸ばした。
わざわざ,神田から銀座のデリー(DELHI)に行ってお昼を取った。
http://www.delhi.co.jp/

銀座へは地下鉄に乗ったが、日本橋の「インド風カリーライス」には歩いて行った。
不思議な店だった。
日本橋三越の前の大通りに面しているのだが、とにかく1種類のカレーライスしかなかった。
ニンニクが利いていて美味しかった。
店は簡単だ。
人数分だけ同じカレーの注文が入るからだ。
夜もそうだったかどうかはわからない。

そんな「インド風カリーライス」を調べたら、一昨年5月に閉店となっていた。
http://members.at.infoseek.co.jp/tamon_a/curry/tutacurry.htm
やっぱり根強いファンがいたんだ。

銀座ではデリーに行く頻度が多かったが、気取った時には「銀座アショカ」(ashoka)に行った。
カレー屋さんというよりもインド料理店という感じだった。
今、調べてみると、銀座にも開店とあるから、これだったかどうか。
http://r.gnavi.co.jp/g293439/

オフィスが平河町の時には、よく赤坂の「モティ」(MOTI)に行った。
結構、気に入っていた。
これが六本木にあることがわかり、この頃はそこにも良く行く。
http://r.gnavi.co.jp/g247001/

青山に住んでいた頃は、外苑西通りから原宿に抜ける裏通りで好きなカレー屋さんがあった。
もう日記には書いたが、そのいきさつは以下の通りだ。
http://gree.jp/151466/blog/entry/1...

いまちょっと、ミスターGHEE(ギー)にはまっている。
http://gree.jp/151466/blog/entry/2...
昨日、インド製のレトルトカレー300グラム(378円)を買ってきた。
ほうれん草とカッテージチーズカレーで、その原材料の中にギーが入っていた。
ギーは溶かしたバターなのです。


 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved