2009.01.07    「今年は農業の年」   荒井 久
 
 
「今年は農業の年にしたいです」

昔の会社の仲間で、もっともITに強い男から、僕に宛てたメールなのだが。

この1行に、国民の今の気持ちが凝縮されているような気がする。

ソリックブックス第一号の「平均年収2500万円の農村」のご案内に、
IT専門家でさえ、そう言ってきたのだから。

夕べは遅くに、出版発売元の社長をしている、昔の仲間と飲んだ。

昨日の予約発売を祝ってくれたのだった。
自分で書いた本の時より嬉しいのはなぜだろう。
「何かを支える」というのは最高の喜びだ。

「凄い数字だよ」とコメントしてくれたアマゾンの本のランキング。
実はこうだ。

1/6  11時、予約販売開始
    12時 ランキング 35,850
   17時45分      11,025
   18時10分       4,153
   22時30分       3,580
1/7  1時00分       1,751
    1時45分       1,545
    8時00分       2,297
    9時30分       1,782
   10時30分       1,379 

彼は夕べ午後10時半の数字をケータイでチェックしてくれて、
驚いてくれたのだった。
「だって、何も金をかけていないんでしょ。凄い数字だよ」と。
僕はそれまで、せっせと一人一人メールでご案内を出していたのだった。
ランキングが上がるのを楽しみながら。

是非、皆さんのお力添えで、数字を上げたい。
年収200万円の派遣社員が職を失っている世相に、
新たな息吹を与えるのではないかと信じている。

大きな話題にして、世の中に影響を与えたい。

 
   
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved