2006.03.14    「コピーは千みっつ」   荒井 久
 
 
「出産にも立ち会えなかった我が子が、ケータイの画面の中で歩いている」。
海外赴任中の夫がケータイを握り締め「パパだよ」と呟く様子が、僕の心を打つ。

「ケータイの画面の中で歩いている」
これだよね。これ。
土屋が作ったコピーを僕は絶賛した。

感動が詰まっていなければコピーではない。
しかも、山ほど作らなければ。
いわゆる千みっつ。
千ものアイディアから3つほども採用できるかどうか。

その一つ目がようやくでてきた。
そのコツを掴んで、さあ、たくさん欲しい。

ところで、写真のプラム。
わずか2日で、こんなに可愛い花を咲かせ始めた。これも感動ものだ。

今、試合中のWBC、日本vsメキシコ戦。
この試合の前に、イチローは「このままでは終われない。勝つしかない」とチームの決起集会を開き「檄」を飛ばしたとか。
日米戦の「誤審」で、日本は痛い星を落としただけに、イチローの想いに目頭が熱くなる。

コピーのネタ「感動」は日々、あちこちに転がっている。

 
        
  ご意見ご感想はこちらまで。  
  <<back  


Copyright 2002-2006 SoRiQ Inc.All Rights Reserved